海外ニュースで知る世界の流れ

興味のある英文記事を日本語で要約し、「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」でツイート。そのツイートの再録ブログです。英語のニュースを知り、世界の流れをつかむご参考にしていただければ。

カルチャー、教育、観光

秋学期の対面授業で、対応分かれる米大学

2020年5月15日 米国の大学の多くが、秋学期に対面授業を行うかどうか思案中。 カリフォルニアでは、臨床訓練の必要な看護科の学生や、ラボでの実験が必要な学生を除き、遠隔授業を続ける所も。 オープンしても、教室内の学生数を5人までにしたり、登校日を週…

コロナ危機でカリフォルニア大学が2024年まで、ACTとSATを除外

2020年5月12日 コロナ危機の影響を受け、UCLA等カリフォルニアのUCシステムの大学10校が2024年まで、ACTとSATの成績を入学の合否判定から除外する方針。 既に今年は除外すると表明していた。 代替となる独自の入学試験を今後作成予定。 ACTとSATは学生の能力…

スペイン風邪が、第一次大戦ほど記憶されていない理由

2020年5月5日 1918年のスペイン風邪で、5千万人から1億人が死亡した。 だが不思議に、文化や政策や、公的な記憶に大きな影響を残していない。 第一次大戦にかき消された、とも言われる。 確かに戦争と違い、感染症は個人の体の内部で戦われる。 それにウイル…

ポストコロナで、新しい文学は生まれるか

2020年5月3日 コロナで英国の出版業界も大打撃。 それでも読書ファンは、ロックダウン中に読みたいお気に入りの本のリストを交換。 新たな販促にいそしむ出版業者も。 必ずしも新規の試みではないが、Zoomで人気著者の催しを開催、サブスクの会員を募集、ポ…

詩はビジネスに役立つ

2020年3月7日 詩はビジネスに役立つ。詩には二律背反性、曖昧さ、多重性が同居する。 複雑な交渉をするビジネスパーソンは、詩を作っているようなもの。 一言で簡潔に言い表し、強い印象を与えることは、詩作に通じる。 1日の初めに詩を作ると、ガバナンスや…

小説はなぜ必要か

2020年1月16日 英国の作家ニール・ゲイマンの言。 小説を読むのは、人の出来る重要なことの一つ。 米国では、15年後の刑務所の需要予測に、今の10ー11歳の子供の何割が読書しているかが決め手になるという考えも。 次に何が起きるか知るためページをめくる。…

ドイツに7歳の抽象画家

2020年1月14日 2012年ドイツ生まれ、まだ7歳の抽象画家ミハイル・アカー。 初めて絵筆を握ったのが4歳の時。 以来、描いた作品が国際的に高い評価を受けている。 ジャクソン・ポロックを思わせる作風。 最近、サッカー選手とコラボして制作した絵は1万2千ド…

2010年代の末に送る文学者の箴言

2019年12月31日 年の末、そして2010年代の末に、過去から学び、未来につなげていく言葉。 文学者の箴言から。 「真実は、あなたの都合に合わせて変わるようなものではない」(マロリー・ブラックマン) 「自分に嘘をついていたら、自分の内側とその回りにある…

旅行シーズン中、健康を保つ秘訣とは

2019年12月27日 旅行シーズン中、健康を保つ法。 その1、常に手を洗う。 食前、トイレの後、そして今この時も。 石けんで20秒ぐらい。 手の衛生は健康維持の決め手。 様々な物の表面を触った手で顔を触り、ばい菌が移り病気になる。 その2、ストレスをためな…

米最新トレンド、eボーイズとeガールズは TikTok に集結

2019年12月15日 アメリカの最新のサブカルチャー、「e-boys」及び「e-girls」スタイル。 「e」はエレクトロニックの意味。 ショッピングモールにたむろする代わりに、ネット空間に居住する。 メイクや髪型にこだわりがあり、特に自分達が生まれた頃の、2000…

5つ星ホテルで盗まれる意外なもの

2019年12月10日 4つ星ホテルでよく盗まれるのはタオル、バスローブ、ハンガー。 だが、5つ星ホテルで盗まれるものは一味違う。 2018年以来、49軒でマットレスが盗難。 37%で美術工芸品、23%でタブレット、12%でコーヒーメーカーとTVが盗まれたことがあるとか…

今年のノーベル文学賞選考結果に抗議し、委員が辞任

2019年12月2日 ノーベル文学賞の外部選考委員2人が月曜、辞表を提出。 2019年の受賞者であるハントケが、コソボ紛争におけるセルビアを犠牲者として描いた、と批判されていた。 同氏は人道に対する罪で告発された当時のミロシェビッチ大統領の葬式にも出席。…

親子でどんな時間を過ごすことが、子どもにとって大事か

2019年11月8日 子供にとって大切なことは何か。 親と子供が一緒に過ごす時間が長いことよりも、どんな時間を一緒に過ごすかの方が大事。 しかも休日に出かけるなど特別なことをするよりも、家事など日常的にすることを毎日一緒にすることの方が大事、との研…

米女優ジェシカ・ラングが、3冊目の写真集を出版

2019年11月4日 アカデミー賞を2度受賞した米女優ジェシカ・ラングは、今70歳。 写真家としても活躍中で、このほど3冊目の写真集を出版。 中西部と南部をつなぐ全長1400マイルのハイウェイ61を撮影。 道沿いには空家の店舗や廃墟の農場。 孤独を感じた、とラ…

音楽と脳はどう関係するか

2019年11月2日 音楽を聞いた時、なぜ人は運動しようという気になったり、 きずなを感じたりするのか。 それは脳の働きと関係。 脳は常に未来を予測しようとしている。 以前聞いたり、繰り返しが多かったりするメロディだと、次に来る音が予測しやすい。 逆に…

バイリンガルだと、脳のネットワークが刷新される

2019年10月6日 バイリンガルである事は、 頭の体操をしているようなもの。 2つの言葉を話していると、 脳内のネットワークが刷新される、と研究者。 もし2つの言葉のどちらを話そうか、と とまどうことがあるとすれば、 それは両方が常に 「オン」の状態だか…

スコセッシ新作が、デジタル処理でデ・ニーロらを若返らせる

2019年10月6日 マーティン・スコセッシ監督の 新作ギャング映画 『アイリュシュ・マン』が、 NY映画祭で プレミア上映。 ロバート・デ・ニーロや アル・パチーノ等、 そうそうたる俳優が 出演。 ただ、今や70代の彼らが、 登場人物の50年間分の人生を 演じる…

16年の時を経て、英国作家クラークが2作目を出版

2019年9月30日 16年の 沈黙を経て、 英国のベストセラー作家 スザンヌ・クラークが 2020年9月に 2作目の長編小説を発表する。 ジョナサン・ストレンジと ミスター・ノレルを主人公にした 2004年のデビュー作は 千ページの長さ。 10年の時をかけて 執筆され、…

批評家スーザン・ソンタグの二面性

2019年9月25日 30そこそこで、 NYの知識人サークルの スターとなった スーザン・ソンタグ。 抜きん出た批評眼や 物書きの才能により、 書く物は常に 喝采を浴びた。 だが2004年の死後、 寝室のクローゼットから 日記が発見される。 その中で彼女は、 自分の…

英語圏の若者が多用する語「like」

2019年8月29日 英語圏の若者が 多用する言葉、 like。 You knowと同様、 まるで間投詞のように 頻繁に使われる。 BBCのメークアップ・コンテスト番組 Glow Upでは、 シリーズ全体で 計229回、 参加者が「like」と 発していた。 1エピソード当たり 29回、 番…

カウンターカルチャーを担ったのは、ベビーブーマーにあらず

2019年8月19日 リベラルな カウンターカルチャーが 席巻した 1960年代と、 戦後生まれのベビーブーマーは いつも結び付けられて来た。 だが社会運動にせよ 文化活動にせよ、 実際に担い手に なったのは、 1920年代や 30年代生まれの 年長世代。 現実には 若…

チャーリー・ブラウンが体現する20世紀の気分

2019年8月16日 20世紀の状況とは。 個は不慣れな場で、 行き先もわからず 漂流し続ける。 一方で、世界は 無限に拡大していく。 そんな時代の気分を 表現したのが、 漫画『ピーナッツ』に出て来る チャーリー・ブラウン。 つまり混乱と不運と 苦難の感覚。 …

ロシア語が第2言語だったスターリン

2019年8月11日 旧グルジア出身の スターリンにとって、 ロシア語は 第二言語だった。 10歳から学び、 成人後もずっと話した。 だが強いなまりがあり、 語尾変化は、 もごもごしていた。 ここから 言えること。 1、新しい言語を話すのは いかに大変か。 2、言…

子供をバイリンガルにするのは、簡単ではない

2019年8月7日 バイリンガルの子供は モノリンガルの子供より、 集中力や マルチタスク能力、 不要な情報を除く能力に 長けている、 との研究結果。 学業の成功はもとより、 生涯を通じ 子供の ウェルビーイングに役立つ。 だがバイリンガルとなる事は、 脳の…

生活のため、学校の後、工場で働く米国の教師

2019年7月19日 教師の給料が 全米最低レベルの ノースカロライナ州。 年収3万5千ドル程度で、 昇給はわずか。 生活を維持 するため、 朝7時半から 学校で働いた後、 夜11時まで 工場で働く 650人の教師。 週末や夏休みも 工場勤務。 奨学金の支払いや 車の購…

26年前香港で投函された絵葉書が、先週届く

2019年7月18日 1993年7月8日消印の 絵葉書が 先週、米イリノイの 女性宅に届いた。 26年前に香港で 投函されたもので、 葉書の状態は 良好。 なぜ今頃届いたかは 不明だが、 香港のジャンクボートの イラスト入りで、 「楽しい時を過ごしているよ。父より」…

米国では支持政党で、休暇の過ごし方に違い

2019年7月9日 民主党支持か 共和党支持かで、 休暇の過ごし方に 違い。 民主党支持者は ビーチでのんびりしたり、 御馳走を食べるのを 好むが、 共和党支持者は 釣りやゴルフに、 より興味。 海外旅行に行くのも 民主党支持者が多い。 そもそも パスポート保…

パリ中心部での観光バス運行が禁止へ

2019年7月3日 パリ当局は、 全ての観光バスの運行を、 市の中心部で 禁止する方向。 まるでカオス、との 住民の苦情に対応。 代わりに、メトロなど 公共交通機関や 徒歩での移動を推奨。 観光客を 特別扱いせず、 環境にやさしい 交通手段の利用を推進。 昨…

ストックホルムで屋根の上を歩くツアー

2019年7月3日 観光客向けに、 建物の屋根の上を歩いて、 眼下の街並みや 遠い景色を楽しむツアーが、 スウェーデンの首都 ストックホルムで開催中。 ストックホルムは バルト海にせり出した半島の一部で、 14の島があり、 50以上の橋がかかる。 ガイドが屋根…

観光客に押され、ベニスの住民が激減

2019年6月30日 観光客に押され、 ベニスでは 地元住民が急減。 今や50年前の 3分の1までになった。 かつては化学工業と 鉄鋼業で知られていたが、 それも風前の灯火。 巨大なクルーズ船と 観光客満載のボートとの 衝突事故が 今月起きたが、 今の混雑ぶりか…