海外ニュースで知る世界の流れ

興味のある英文記事を日本語で要約し、「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」でツイート。そのツイートの再録ブログです。英語のニュースを知り、世界の流れをつかむご参考にしていただければ。

中国政府がデジタル化で、外国企業含め国内の全決済を捕捉

2021年4月8日 スマホによるデジタルマネー決済を推進する中国。 デジタル元の発行元は中央銀行なので、政府は国内の金の流れを百%捕捉するようになる。 中国に進出した外国企業も例外ではない。誰がいつどこで、いくら払ったか。 支払いのパターンも分析可能…

アメリカ人の7割が中国に対し、経済より人権を重視

2021年4月7日 米国人の7割が、二国間の経済関係を損ねても、中国に対し人権を重視するよう求めるべき、との考え。 民主党、共和党の両支持層に共通しており、両者が合意する数少ない事項。 中国の人権問題を深刻とみなす人々は先月より7%増加。 だが中国以外…

中国TVが、欧米ブランドのロゴを消して放送

2021年4月7日 中国のTVが、画面に映ったナイキやアディダスなどの欧米ブランドのロゴをぼかして放送。 かねて中国政府は、新疆綿がウイグル人の強制労働で生産されているとの、海外での報道に反発。 既に国内でのオンライン販売が困難となった欧米ブランドも…

働く父親は、仕事と家庭をどう両立したらいいか

2021年4月6日 働く父親は、仕事と家庭をどう両立すべきか。 まずは優先順位を決める事。 1、収入や出世、2、仕事の面白さや達成感、3、柔軟な働き方や独立性、の3分野で、今何点か。 就職時は、それぞれ何点になると思っていたか。 10-20年後は、何点になる…

アジア系のアンドリュー・ヤンが、NY市長選の最右翼候補に

2021年4月5日 台湾人の両親の下に生まれた中国系米国人2世アンドリュー・ヤン。 民主党大統領候補となり一躍、著名政治家の仲間入りをしたが、現在、NY市長選候補の最右翼に躍り出ている。 だがアジア系へのヘイトの高まる中、彼でさえ、市井にまぎれると回…

アフリカ系英国人俳優が、英王室に痛烈な皮肉

2021年4月4日 英米のオスカーなど、名だたる賞の候補となった俳優ダニエル・カルーヤが米有名コメディTV番組で、「ヘンリー王子とメーガン妃の子供がこんな風だったらどうしよう、と英王室の方々が心配したような顔をした者です」と自己紹介。 ウガンダ出身…

子供のメンタルを強くするため、親がすべきこと

2021年4月3日 子供のメンタルを強くするため、親は何をすべきか。 心理療法士の分析。 正直、大人にも通じる話。 1、誰かが成功しているからと言って落ち込まないようにする。 つまり他人に依存して自己肯定・自己否定をしない。 方法: 「今日私はハッピーで…

米国の若い世代ほど、宗教の影響が希薄に

2021年4月2日 米国史上初めて、教会やモスクに属さない成人が過半数を占めた。 1939年に統計を取り始めて以来今世紀に入るまで、宗教団体に所属する人が68%を下回ったことはない。 だが過去20年間は漸減。 21世紀に入る直前は、無神論者は8%だったが、今は21…

ハンガリー政府がコロナの報道を統制、と批判の声

2021年4月2日 ハンガリーのジャーナリストが共同で、政府がコロナ被害の報道を阻止している、と告発する公開質問状を提出。 病院の訪問や医療関係者の取材が禁じられ、何が起きているかわからず、社会への注意喚起が出来ない、と批判する。 一方、政府と国営…

数学でも、書く学習が重要に

2021年4月1日 米国では、歴史や英語の授業だけでなく、数学や科学などの全教科で「書いて説明する」ことが、重要な学習方法となりつつある。 学習内容の理解度を測るだけでなく、異なる概念を関連づける能力を高めるのに役立つ。 つまり習熟度を測るというよ…

2020年のアメリカ人の死因3位は、コロナ

2021年4月1日 コロナのため、米国の死亡率は20年、前年に比べ16%上昇。 死亡原因の1割がコロナだった。 死者数も心臓病69万人、癌59万8千人に次ぐ34万5千人で、コロナ関連死3万2千人を加えると、計約38万人に上る。 今年も引き続き増加しており、CDCによると…

コロナ禍で世界に広がるアジア系ヘイト

2021年3月31日 アジア系への憎悪犯罪が起きているのは米国だけではない。 英国では20年第1四半期、18年と19年同期に比べ、アジア系のヘイトが3百%も増加。 豪州では20年4月以降5百件発生し、4割が口頭、1割が身体への危険を伴った。 NZでは中国系とマオリの5…

フェイスブックが拡張現実のリストバンドを開発

2021年3月31日 フェイスブックは、脳の信号を伝えるリストバンドを開発したと発表。 腕につけると、思い描くだけでPCの画面がスクロールできる。 拡張現実の商品化。 だが、グーグルグラスのように失敗に終わらないか。 思考を捕らえるのではないので、マイ…

アマゾンで労働組合加入の是非を巡り、従業員が投票

2021年3月30日 アラバマ州のアマゾンの倉庫の従業員約6千人が、全国レベルの労働組合に加入するかどうか決めるため、投票。 その開票作業が火曜始まる。 加入となれば今後、全米に同様の動きが広がること必至。 コロナ禍で空前の利益を挙げているのに、従業…

金曜はoff、週休3日を満喫する起業家ライフ

2021年3月29日 コロナ禍でこの1年、起業家として必死に働いてきた。 おかげで多くのクライアントを確保し、自社ブランドも確立。 生産性ははむしろ向上した。 ここに来て我が身を振り返り、夢を実行に移すことに。 金曜は休んで週休3日にするという夢。 ユニ…

白人家庭のアジア系の養子が直面している問題

2021年3月28日 白人家庭の養子となっているアジア系米国人は、全米で約20万人。 アジア系に対する暴力の増加に対し、どう声を上げればいいか、当惑する人も多い。 白人コミュニティに育ち、アジア系社会への所属意識はない。 一方で白人社会に完全に溶け込め…

米軍基地拡充で、環境破壊が進むグアム

2021年3月27日 米国の領土であるグアムで、米軍基地は国土の3割に及ぶ。 住民の反対にもかかわらず、基地拡充のため、村落の遺跡や美しい海岸線が破壊されている。 日本から海兵隊員5千人を移動させる計画も絡み、環境破壊への懸念が現地で高まっている。 一…

米副大統領カマラ・ハリスが、後に続く女性に言いたいこと

2021年3月26日 アジア系として女性として、最初の米副大統領となったカマラ・ハリスの2019年の言葉。 あなたが誰であるか、誰にも代弁させないで。 誰にも定義させないで。 あなたが誰であるかを口にするのは、あなた以外にいない。 信じるものがあり、その…

白人社会で二重に差別されるアジア系女性

2021年3月26日 白人社会でのアジア系女性の2大イメージ。 1、性的消費物。 2、従順で反論しない。 「強い女」のイメージですら、タイガー・マムやドラゴン・レディと形容される。 半分動物、半分人間。 人ではないので殺害されない、社会から除去されるだけ…

科学者がSF小説で描く、未来の世界

2021年3月15日 コンピューター神経科学とデータサイエンスの科学者がSF小説を書いたら、どんな未来がそこにあるか。 体に埋め込むチップが消費財として流通、神経組織や筋肉、脳のインターフェイスとなる。 生物学や遺伝子工学が長尺の進歩を遂げ、PCもポケ…

コリアン・アメリカンが書く、コリアン系ロシア住民の物語

2021年3月14日 コリアン・アメリカンの作家、ポール・ユンの最新作は、コリアンの労働者が住む露サハリンの村が舞台。 ユンの祖父や父は朝鮮戦争の影響で移民するに至った世代。 ユンは今フロリダに住んでいるが、ジョギング中、ワニに出くわすようなこの地…

スマホ中毒から脱するには

2021年3月12日 気がつくと毎日5時間スマホをいじっているような、スマホ中毒からどうやって抜け出すか。 iPhoneの所有者なら、アプリのScreen Timeを使って時間制限をかけるのがお勧め。 制限がかかっても、パスコードを入れれば継続して使用できるが、少な…

メーガン妃に人種差別的、という指摘を否定する英メディア

2021年3月12日 英メディアは人種差別的、というヘンリー王子とメーガン妃の発言に対し、メディア側が否定する声明を発表。 メディアのこうした対応は、社会正義を実現するため、ジャーナリストを志そうとする非白人の学生の心を挫いてしまう、と憂慮する声が…

メーガン妃の爆弾発言の後、英王室は生き残れるか

2021年3月9日 メーガン妃とヘンリー王子の爆弾発言の後、英王室ははたして21世紀を生き残れるか、という懸念が浮上している。 エリザベス女王を敬愛する保守派は元々、環境問題や気候変動に関心の高いチャールズ王子が気に入らない。 メーガン妃を嫌う年配者…

永遠に自己を改良し続ける、インスタグラムのユーザー

2021年3月8日 2010年の登場以来、インスタグラムは独自の美的言語を発展させてきた。 ひと昔前、結婚式の写真でみられたイメージ。 つまり、どれを見ても同じ。 単調で見分けがつかない。 人の身体はインスタグラムに適合させられるようになった。 以前は雑…

閲覧履歴での追跡が終わる時代

2021年3月5日 サードパーティcookieによる追跡を、2022年に終了すると昨年、発表したグーグル。 マーケッターやデジタル広告のスタートアップ等を揺るがした。 今回さらに、グーグルの持ち株会社アルファベット経営のサーチエンジンが、サードパーティcookie…

イシグロの最新作は『わたしを離さないで』の姉妹編

2021年3月4日 ノーベル文学賞受賞後の最新作『クララとお日さま』を世界同時出版したカズオ・イシグロ。 物語の語り手は、人間の子供に似た見かけのAIロボット、クララ。 寂しい子供を慰めるのが役目で、近未来の米国のどこかが舞台。 店頭に並び、「養父母…

アルゴリズムによる意思決定は、公正か

2021年3月2日 アルゴリズムによる意思決定が、はたして公正なのか。 米国の病院が、かなり複雑なアルゴリズムを使い、コロナワクチンの接種者を選定したら、第一線で働く医師ではなく、経営陣を優先するとの結果が出た。 実はアルゴリズムにもいろいろある。…

米国ビート世代の庇護者が、101歳で死去

2021年3月1日 ビート世代の庇護者で、 サンフランシスコに出版社を創設、 戦後アメリカのカルチャーシーンを先導した ローレンス・ファーリングヘッティが101歳で逝去。 1950年代、自社出版物を猥褻だみなした当局と争った。 彼の抵抗がなければ、 サンフラ…

ストレスを感じる中で、クリエイティブであるには

2021年2月27日 強いストレスを感じる中で、新しい発想をどうやって得るか。 義務感を捨て、こうやったらどうなるかと考える。 散歩や昼寝や食事をして、頭の中にあるものを「放出」する。 マルチタスクはやめ、1つのことを多方面から考える。 お気に入りの場…