海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

米国労働市場で、ジュニアとシニアの力関係が逆転

アメリカの労働者像に

大きな変化が起きている。

 

今、増加率が一番高いのは

65歳以上の世代。

 

過去5年で

35%も増えた。

 

実際、2006年から

2016年の間、

 

労働市場での増加数が

一番大きかった世代は、

60歳以上。

 

雇用者の40%が、

自分より若い上司に仕えている。

 

2025年には、

そうしたケースが多数派になる。

 

一方、企業にとって

若いデジタル・ネイティブは

金の卵。

 

フェイスブックやアップル、

グーグルの社員の

平均年齢は20代。

 

起業家も、

20代初めで事業を興し、

 

30歳までに

巨額の富を手にするケースが多い。

 

つまり今の60歳は、

肉体的には

昔の40歳のようになり、

 

今の30歳は

昔の50歳のような

権力を手にする。