海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

中国がAIを使った監視検閲制度をタイなどに輸出、民主主義国は対抗策を

AIの進化に伴う

3つの不安。

 

AIが人間の頭脳を

超えること、

 

雇用を奪うこと、

 

政府の管理強化に

使われること。

 

特に専制国家が

民主主義国に代わる

 

社会モデルを構築するのに

利用される恐れ。

 

中国のネット検閲制度の

Great-Firewall (金盾) は一例だが、

 

中国はこれをさらに

ベトナムとタイに輸出している。

 

また中国はスリランカ

政府の検閲を支援、

 

ロシア、イラン、エチオピアなどに

監視や検閲の設備を供給。

 

AIの国際基準を設定する

リーダーシップを巡り、

 

米国と現在、

つばぜり合いを演じている。

 

中国は変えられないし、

この傾向は今後も続く。

 

民主主義国がまとまって

戦略を共有、

 

国内の監視を制限し、

 

個人の権利を尊重する

重要性を

 

国際的に広めて、

専制主義国に対抗すべき時。