海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

米国の移民像に変化

外国出身の米国人は

2017年、

4440万人に。

 

うち17%に当たる

760万人の居住歴は

わずか5年以下。

 

高い資格やスキルを持つ移民を

歓迎する政府方針もあり、

 

以前と異なる移民が

増えている。

 

5年以下の居住歴の

移民の場合、

 

大卒以上が47%と

高学歴。

 

なお11年以上の居住歴を持つ

移民は28%、

 

米国生まれだと

32%。

 

ただ失業率は

5年以下の居住歴の移民の方が高く、

7.1%。

 

11年以上の居住歴だと

3.9%。

 

米国では普通、

学歴が高い方が失業率が低いので、

皮肉な結果になっている。

 

なお過去5年に

米国民となったのは、

 

中南米出身者38%、

アジア出身者35%。

 

両者は拮抗しつつある。

 

元々移民の54%が

中南米出身者で、

 

アジア出身者は

25%。