海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

過去30年余で、アメリカの父親は大きく変化

アメリカの父親についての

8つの事実。

 

1、専業主夫は、

1989年の4%から

2016年には7%に増加。

 

また、2016年に

育児のため専業で

家にいる親の17%が男性。

 

1989年は

10%だけだった。

 

2、親であることが

自分のアイデンティティに極めて重要

 

と考える父親は2015年、

57%を占めた。

 

母親は58%で、

割合はほぼ同じ。

 

親であることは楽しく、

その報酬も大きいと考える

 

父親の割合は、

むしろ母親より多い。

 

3、仕事をしている父親の

52%が2015年、

 

仕事と家庭の

バランスに悩んでいる。

 

4、男性の76%が2017年、

家族を経済的に支えるべき

 

とのプレッシャーに

さらされている。

 

女性の77%には逆に、

子育てのプレッシャーが。

 

5、夫だけが金を稼いでいる世帯は

2016年、27%に。

 

1970年の

47%から急減。

 

6、父親が子育てにかける

時間は2016年、

 

1965年の3倍の

週8時間に大幅増。

 

なお家事にかける時間は

週10時間。

 

ただ母親だと、

子育て14時間、

家事18時間になる。

 

7、米国人の53%が

2016年、

 

母親の方が

父親より育児がうまい、と回答。

 

ただ米国人の45%は、

育児の向き不向きに、

 

母親と父親の間で

差はない、との見方。

 

8、父親の63%が

2017年、

 

自分が子供と過ごす時間は

少なすぎる、と思っている。

 

母親の場合、

そう考えるのは35%だけ。

 

また2015年、

母親の51%が

 

自分の子育ての能力に

自信を持っているが、

 

父親でそう思っているのは

39%と少ない。