海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語と日本語とでは、取れる情報に差があります。英語で何が報道されているか知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。ツイッターの内容は備忘録も兼用。ツイート発信時とブログ再録時の日付のずれをお詫びします。

大坂ひろみの活躍で、女性アスリートの経済効果に期待

最も稼いでいる世界のスポーツ選手

百人をリストアップした場合、

 

女性選手が1人も

入らないのが普通。

 

だが大坂なおみは最近、

アディダスと年850万ドル、

 

日産と3年の

スポンサー契約を締結。

 

両社とも日本市場に

注目しているのは明らかだが、

 

女性選手が活躍した際の

経済効果も見直され始めている。

 

18歳以下の米国人の少女は

5人に2人がスポーツ選手で、

 

150億ドルの

市場規模に相当。

 

働く女性の6割が

スポーツファン。

 

イリアムズ姉妹やシャラポワには

何百万人ものSNSのフォロワー。

 

今年の冬期五輪女子ホッケーで、

米国がカナダを倒し

金メダルを取った試合は、

 

NBCSNの深夜放送で

史上最高の視聴率。

 

USオープンで

大阪がセリーナを破った試合も、

 

男子のファイナルより

50%も多い視聴者を獲得。

 

もちろん視聴者の関心は、

セリーナが娘の出産後

 

1年以内にグランドスラム

優勝できるかにあった。

 

だが確かなことは、

企業はもう女性選手を

無視できないこと。

 

女性と企業の両者にとって

ウィンウィンの関係に。