海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

東南アジアでの中国経済の影響力は

南シナ海での軍事的存在感の拡大もあり、

東南アジアで

中国経済の影響力に対する懸念が。

 

5月9日のマレーシア総選挙では

争点の一つに。

 

だが投資、貿易、観光の3分野を見ると

多様な姿が。

 

投資が多いのは日本、

東南アジア域内、中国の順。

 

日米と違い、中国の投資は

貧しいラオスカンボジアで多い。

主な投資先もメタル等の資源。

 

東南アジアへの輸出では、

域内と中国が2大輸出元。

 

中国は日本の倍で、

1995年以来20年で逆転。

 

東南アジアの2大輸出相手国も

域内と中国だが、

中国は域内の半分で、

その3分の2が原料に集中。

 

観光ではタイとベトナム

中国人が急増。

 

ただ、全般に域内の

相互依存度は高い。