海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語と日本語とでは、取れる情報に差があります。英語で何が報道されているか知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。ツイッターの内容は備忘録も兼用。ツイート発信時とブログ再録時の日付のずれをお詫びします。

入隊後、短期間で兵士が戦場に送られると、自殺の危険が高まる

兵役について

1年以内に戦場に送られると、

 

二度目の配備中かその後に

自殺する危険が

倍になるとの研究結果。

 

前回から半年以内に

再配備されると、

自殺の危険は60%上昇。

 

準備期間が十分でなく、

部隊との紐帯が

未形成なことが関係している。

 

だが9.11以後、そうした形の配備が

アメリカで一般的に。

 

現在130万人もの米兵が現役配備。

自殺率も急増、

2014年は1日平均

20人が自死

 

心理的影響を受ける兵士の

7割が既婚者。

 

戦地で家族とあまり接触できず、

帰宅後悪夢に悩まされても、

自分が負担になっていると感じてしまう。

 

戦場と日常の差は甚大。

 

日常に戻るのも任務のうちと

考えるのが対処法の一つ。