海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語と日本語とでは、取れる情報に差があります。英語で何が報道されているか知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。ツイッターの内容は備忘録も兼用。ツイート発信時とブログ再録時の日付のずれをお詫びします。

G7で影の薄い英首相、ロシア元スパイ事件後なのに、トランプはロシア復帰提唱

個人的関係を

重視するトランプ。

 

その結果G7で

メイ首相は影が薄くなった、

と英メディア。

 

例え批判であっても、

彼はトルドー、マクロン

メルケルには反応。

 

だがメイは無視。

 

英国の目的の1つは、

ロシアの元スパイ毒殺未遂事件後の

G7の結束確認だったが、

 

トランプは

ロシアのG7復帰を唱え、

真逆の姿勢。

f:id:ys98:20180610145101p:plain