海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語と日本語とでは、取れる情報に差があります。英語で何が報道されているか知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。ツイッターの内容は備忘録も兼用。ツイート発信時とブログ再録時の日付のずれをお詫びします。

トランプが中国の報復関税の対象となる大豆産業の補償を検討

トランプは、中国の報復関税の対象となる

大豆産業に対する補償を検討。

 

オバマが追い詰めた石炭産業を、

ヒラリーが補償しようとしたのと同じやり方。

 

補償の財源に関税収入を当てるか、

 

にわか経済学者のナバロが考えた、

商品金融公社を介して

国庫に手をつける案が浮上。

ニューディール政策の再来だ。

 

これにより米政府は、

さらなる財政悪化に陥る。

 

アイオワ州知事は

ホワイトハウスでの会合で木曜、

生産者が欲するのは

援助ではなく貿易、と訴えた。

 

輸出の落ち込みは、

補助金でまかなえるレベルではない。

 

トランプ本人は会合で、

関税の再検討にもオープン、と言ったとか。

 

走ってから考えるトランプ式。