海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

今世紀末までに世界人口の成長は終わる

2019年10月2日
今世紀末までに
世界人口の成長は止まる。
 
近代に入り
初めての事態。
 
2100年には
計109億人となるが、
 
伸びはわずか
年0.1%。
 
1950年から今日までは
年1ー2%なのに比べ、
激減する。
 
今は女性1人当たり
2.5人出産する計算だが、
 
2100年には
1.9%に。
 
平均年齢も、
1950年は24歳、
今は31歳だが、
2100年には42歳に。
 
世界で人口が大幅に増加するのは
アフリカだけ。
 
今は新生児10人のうち3人が
アフリカで生まれるが、
 
2100年には
10人中5人となる。
 
特にナイジェリアで
急増。
 
一方、2020年から2100年の間に、
90か国で人口が減る。
 
1950年から2020年の間、
減少したのは
わずか6か国だった。
 
アジアの人口は
2055年以降、
減少に転じる見込み。
 
(柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムが投稿)
Pew Research Global@pewglobal
pewrsr.ch/2wY6vu3
 

f:id:ys98:20191002223445p:plain

Pew Research Global