海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

テクノロジーを恐れる心

2019年9月19日
テクノロジーへの嫌悪感は
プラトンの頃から存在していた。
 
作家のソローは、
メイン州からテキサス州まで、
 
必要もないのに
電信網を敷設している、と批判した。
 
だが実際は
電信網の発達で、
 
より頻繁に連絡を取り合う
必要が出て来た事や、
 
くだらない内容を
伝達したりする事への
忌避感の方が強かった。
 
車が初めて登場した時も、
馬で十分なのに、と人々は叫んだ。
 
だがいったん技術が安定し、
価格も手頃になると
人々の考えは変わった。
 
1920年代には米国で、
3千万台もの車が売れ、
3万マイルもの道路が舗装された。
 
過剰反応はいつの世も存在するし、
警戒心は必要だが、
 
結局、自己利益の方が
優先される。
WIRED@WIRED
Opinion: When it comes to evaluating new technologies, we must continue the tiring but necessary vigilance required to keep our tools working for instead of against our best interests. wired.trib.al/YSovWQy

f:id:ys98:20190919221627p:plain

WIRED