海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

子供をバイリンガルにするのは、簡単ではない

2019年8月7日
バイリンガルの子供は
モノリンガルの子供より、
 
集中力や
マルチタスク能力、
不要な情報を除く能力に
 
長けている、
との研究結果。
 
学業の成功はもとより、
生涯を通じ
 
子供の
ウェルビーイングに役立つ。
 
だがバイリンガルとなる事は、
脳の発達に負担。
 
1つの言葉は、
常にもう1つの言葉に
干渉されるからだ。
 
子供の脳は、
スポンジのように
 
全てを
吸収するわけではなく、
完璧なバイリンガルは稀。
 
複数の言葉を学ぶのは
時間がかかる。
 
幼児の時に
多言語にさらされると、
 
話し始めるのが
遅くなる。
 
家では
第二言語で話していても、
 
子供が幼稚園に行き始めると、
使う能力は落ちる。
 
文化的な違いの
保持も難しい。
 
親がそれぞれ
子供と違う言葉を話すのも、
続けるのは困難。
 
学校で他の親子から
浮いてしまい、
いじめの原因にもなる。
 
バイリンガルになる事を
強制せず、
 
学びたいと自分から
言い出すまで
待つのも1案。
 
住んでいる国の言葉や
文化と共に
成長させる事は必要。
 
外国人の親の
出身地の文化は
美化される事も。
(柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムが投稿)
Bilingualism has its downfalls. It takes longer to learn two languages than to learn just one, so infants exposed to multiple languages from birth may have a slight speaking delay.
ow.ly/ulca30piBqz

f:id:ys98:20190807221128p:plain

Quartz