海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

ボルトンが、ホワイトハウスを去るのは間近?

ボルトンが

米大統領補佐官の職を

 

追われる日も間近?

 

トランプが現職大統領として

初めて北朝鮮入りし、

 

金正恩と

握手している間、

 

強硬派のボルトンは、

なぜかモンゴル訪問。

 

NYタイムズは日曜、

交渉開始の条件として、

 

完全非核化ではなく

核開発凍結で手を打つ案が

 

政権内部で

浮上、と報道。

 

そうなると結局、

北朝鮮が

 

当初から

主張してきた通り、

 

制裁を緩和し、

段階的非核化へ進むことになる。

 

だとしたら、

ボルトンの居場所はない。

 

段階的非核化は

現実的な策だが、

 

北朝鮮が保有核兵器の

中身と配備先を

開示しない限り、

 

核開発凍結の

意味はない。

 

今回のトランプの

北訪問も、

 

単なる政治ショー

で終わる。