海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

欧州に回帰するアパレル工場

アジアに多い

アパレル工場。

 

欧州は

中国とバングラディシュ、

 

米国は

中国とベトナムに依存。

 

だが2025年には、

半分以上の衣類が

 

自国や近隣で

生産されるとの予測。

 

HUGO BOSSは最近、

ドイツ製商品の

販売を開始。

 

バーバリーも

英国製を販売。

 

欧州のヘリテージの活用と

サプライチェーンの

管理強化が狙い。

 

もっと安い衣類だと、

やはり製造コストを

下げる必要。

 

だが消費者は

近年、

 

低賃金の

工場労働者の存在や、

 

長距離輸送による

環境コストの増大に敏感。

 

また今や、オンライン販売の

ウルトラ・ファストファッションが、

 

ファストファッションを

凌駕。

 

生産・配送時間の短縮が

急務となり

 

遠方からの

船舶輸送はアウト。

 

アジア自体の

ファッション産業の勃興で、

 

欧米の衣類まで

手が回らなくなる可能性も。

 

欧州向けの衣類を製造する

中国のアパレル企業は既に、

 

欧州に近く、賃金の安い

エチオピアに工場を建設し、対応。

 

さらに自動製造の

発達が著しく、

 

デニムはたった

19分で縫い上がる。

 

よって生産は

欧州に戻るが、

職は増えない。