海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

英国の入管規制が、外国人留学生に影響

英政府は

2030年までに、

 

収入増とソフトパワー拡大の

源泉となる

大学の外国人留学生を、

 

今の46万人から

60万人に増やしたい意向。

 

今年、EU域外からの

出願数は9%増で、

一見好調に見える。

 

だが合格者のうち

実際に入学する

 

EU域外からの

学生のシェアは

減少傾向。

 

10年前は全体の

60%だったが、

昨年は56%に。

 

EU域外からの留学生は、

国内やEU圏の学生の

 

倍以上の授業料を払う

重要な存在。

 

EU離脱後、

EU圏の学生の授業料も

上がる見込みで、

 

その影響も

懸念される。

 

英国の大学の留学生の

供給元トップ10か国は

 

中国、香港、フランス、

マレーシア、スペイン、

ポーランド、ルーマニア、

イタリア、インド、キプロス。

 

特に中国は、

EU域外からの留学生の

3分の1を占める。

 

英国は

英語圏の学位を

取りたい留学生を巡り、

 

豪州、カナダ、アイルランド、

ドイツと争奪戦を繰り広げる。

 

だが英政府は2012年、

留学生の卒業後の

ワークビザを

 

2年から

4か月に短縮。

 

今年から学部卒業生には

6か月に延長したが、

効果のほどは不明。

 

f:id:ys98:20190505225034p:plain

Financial Times