海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

移民を肯定する人が主流となった米国

移民は、

その才能とハードワークによって

米国社会を強くしたか。

 

それとも職を奪い、

住宅事情やヘルスケアの状況を悪化させ、

米国社会の負担になったか。

 

90年代半ばは

後者を選ぶ人が、63%、

 

だが2019年は

前者が62%。

 

90年代後半以後、

両者は拮抗して来たが、

 

2010年代に入った頃から変容、

勝負はついた模様。

 

移民に対する見方が

肯定的になった背景には、

 

民主党支持者が

2000年代半ば以降、

意見を変えたことが大きい。

 

実はそれまで

共和党支持者と大差がなく、

否定派も多かった。

 

もう一つの要因は

世代の変化。

 

1981年以降の生まれの

ミレニアルは、75%、

 

1965年から1980年生まれの

ジェネレーションXは、63%が肯定的。

f:id:ys98:20190204225053p:plain

Pew Research Fact Tank