海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

地政上のリスクは景気後退につながらないのか

大手格付け機関S&Pによると、

これから少なくとも2年は

好景気が続く。

 

だが投資家が、

対中国・イラン関係

の緊張といった

 

地政上のリスクを

織り込まないのは

賢明なのか。

 

中国が米国製品をボイコットしたり

レアアースを禁輸する恐れも。

 

また高関税でインフレが起き、

利上げにつながる可能性もある。

 

イランがイラク

石油供給を妨害し、

石油価格上昇に導く可能性も。

 

経済指標が説明可能な形で

推移するのに対し、

 

地政学は、力関係や国民感情

背景にしているため、

予測しにくい。

 

中国はNAFTAではないし、

イランは北朝鮮ではない。

 

不透明さが続く中、

次の景気後退は、思ったより

早く来るかもしれない。

f:id:ys98:20181010215925p:plain