海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

米国は、あるがままの世界を受け入れる抑制的な政策を取るべき、との論

新リアリズムが

流行っている。

 

米国は、

欧州とアジアには

コミットしても、

 

中東からは手を引き、

 

現状をあるがままに

受け止める

 

抑制的な政策を

取るべき、との考え方。

 

問題は、何十年も

リベラル民主主義の中にいた結果、

 

もはや、あるがままの世界とは

どのようなものか、

忘れてしまった事。

 

特に、あるがままの現実が、

20世紀前半のような

世界だった場合は。

 

f:id:ys98:20180908224557p:plain