海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

経済合理性に欠ける一帯一路のインフラ建設

マレーシアが火曜、

一帯一路の

2つのインフラ事業を中止。

 

そもそも一帯一路とは

何なのか。

 

中国がローンを提供し、

中国企業がインフラを建設。

 

長期的には

中国企業の国際化に寄与。

 

西側の事業に比べ、

制約も少ない。

 

問題の一つは、

どんな事業が

どう資金調達され、

 

どんな経緯で契約されたか

不透明なこと。

 

一帯一路の下、

スリランカに建設された

乗降客が年間百万人規模の空港は

世界一ガラガラ。

 

同じくスリランカに建設された

港湾はローン返済不能となり、

 

中国の国有企業が

99年間の借款中。

 

明らかに

経済合理性がない。

 

ラオス、モンゴル、中央アジア諸国なども

返済不能の予測。

 

こうしたインフラが

将来中国の軍用地となる

と危惧する向きも。

f:id:ys98:20180822215638p:plain