海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語と日本語とでは、取れる情報に差があります。英語で何が報道されているか知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。ツイッターの内容は備忘録も兼用。ツイート発信時とブログ再録時の日付のずれをお詫びします。

睡眠不足は万病のもと、いい睡眠を取る法

数十年前の人々に比べ、

現代人の睡眠時間は

減少している。

 

もともと幼児は11ー14時間、

成人は7ー9時間、

 

65歳より上は7ー8時間

の睡眠が必要。

 

だが今、成人の4割が

睡眠不足。

 

過食や小食の結果は

見た目でわかるが、

 

睡眠の量による影響は

外からはわかりにくい。

 

実際は睡眠の不足は、

心身の健康を

大きく左右する。

 

判断力、計画力、統合力、

実践力、集中力、記憶力

などの脳の働きが低下。

 

痛みは増し、

気持ちの落ち込みに拍車。

 

成長ホルモンのバランスが崩れ、

炎症が悪化。

 

免疫不全になり、

病気になりやすくなる。

 

飲酒した時と同じく、

交通事故のリスクも上昇。

 

5時間以下の睡眠だと、

心臓発作の危険が

2、3倍に。

 

それでは、睡眠不足を

どうやって避けたらいいのか。

 

寝る1時間前から

リラックスモードに入る。

 

スマホは寝室の外に。

 

週末も含め、

起床時間を一定にする。

 

起床時か日没時に

15分から30分間、

日に当たる。

 

日中は体を動かし

活動的になる。

 

眠くなってから

ベッドで横になる。

 

いつも30分以上

ベッドの中で起きているのが

習慣になっているなら、

 

ベッドの中にいる時間

そのものを減らす。

f:id:ys98:20180730221601p:plain