海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

トランプ訪英で、米英の「特別な関係」の亀裂が露出

金曜のロンドン訪問に合わせ、

あの英国会議事堂の真上に

 

おむつをはいた

赤ちゃんトランプの

巨大バルーンが浮かぶ予定。

 

トランプの行動は赤ん坊レベル、

と彼を批判する人々が企画。

 

インスタのアップに

格好の機会を提供する。

 

今後他のトランプの訪問国でも、

このバルーンを揚げることを目指す。

 

そのための資金は

既に調達済。

 

英世論の反対で

トランプの訪英は国賓扱いから降格。

 

国内にトランプ支持派もいるが、

政治家の大半は

 

彼がさっさと去り、

英国についておかしな事を

ツイートしないことを願うのみ。

 

大人気だったオバマと一緒に

写真に写りたいと

皆が参集したのは

今や昔。

 

マクロン

トランプとの親しさを演出しても、

 

支持率に影響なしとの

自信を見せたのとは真逆。

 

「特別な関係」にあったはずの

米英間の

 

「異常事態」の

恒常化が継続。

f:id:ys98:20180713071540p:plain