海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語と日本語とでは、取れる情報に差があります。英語で何が報道されているか知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。ツイッターの内容は備忘録も兼用。ツイート発信時とブログ再録時の日付のずれをお詫びします。

ホロコーストの集合記憶を作った映画「ショア」の監督が他界

ホロコーストを描いた

衝撃的な映画「ショア」(1985) を作った

 

クロード・ランズマン監督が

92歳で死去。

 

映画は70年代に

ポーランドで撮影。

 

バックミュージックも、

記録映像も使わず、

 

ただ荒涼とした風景を映し、

延々と記憶を語った。

 

描いたのは歴史ではなく、

現在について。

 

生存ではなく

死自体がテーマだった。

 

「ショア」はランズマンの2作目で、

59歳での作品。

 

それまで12年間

ホロコーストについて考え続けた。

 

映画は、ホロコーストについての

集合記憶の一部となった。

 

語りたくない、と言う

関係者に強制し、

 

撮影していないと言いつつ

隠しカメラを使用した場面もあったが、

 

そうしたこと自体も隠さず、

そのまま映画に含めた。