海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語と日本語とでは、取れる情報に差があります。英語で何が報道されているか知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。ツイッターの内容は備忘録も兼用。ツイート発信時とブログ再録時の日付のずれをお詫びします。

米国からカナダに徒歩で入国する人々が増え、今年の難民認定率が低下

トランプとは対照的に、

難民の積極的な受け入れを表明していた

カナダだが、

 

難民認定率は昨年の53%から、

今年は40%に低下。

 

トランプ当選後の昨年、

米国との国境を徒歩で越えて

入国する人々が2万7千人に上り、

2016年の2千人から激増。

 

これだけの人が

米国から歩いて入国するのは、

奴隷制の時代以来。

 

国籍別の難民認定率は、

シリア人84%、ナイジェリア人34%、

ハイチ人9%。

 

戦争を逃れて来ていることが、

シリア人の高い認定率の背景にある。

 

だが市民運動家の中には

黒人差別を指摘する声も。

 

カナダでは25年後には

白人が少数派になるとされ、

 

一部のヨーロッパ系の人々が反発、

トルドー首相を批判。