海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語と日本語とでは、取れる情報に差があります。英語で何が報道されているか知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。ツイッターの内容は備忘録も兼用。ツイート発信時とブログ再録時の日付のずれをお詫びします。

銃社会米国と海外を比較して、わかること

銃社会米国と

海外との比較。

 

米人口は世界の4.4%だが、

世界の銃の42%を所有。

 

世界で起きた銃撃事件の33%が、

米国人によるもの。

 

理由は銃所持が容易だからで、

メンタルヘルスビデオゲーム

人種は関係ないとの研究結果。

 

米国で特に犯罪が多いわけではなく、

銃使用のため

犯罪時の致死率が高くなる。

 

2000年から2014年に起きた

大量銃撃事件による死亡率は、

実はフィンランドとスイスの方が

米国より高い。

 

ただ両国では突発的な事件なのに、

米国では習慣的に発生。

 

対日比較だと、

米国人の銃所有者は

日本人の150倍だが、

銃で殺される確率は

300倍高い。

 

銃の所持率だけでは、

この倍率の落差は説明不能

 

スイスは先進国で米国に次いで

銃所持率が高いが、

銃の売買と所持に多くの規制。

 

市民は銃を所持する権利を

獲得する必要。

 

対して米国では、

市民は生来、銃所持の権利を有す。

 

この考えを採用する国は

他にメキシコとグアテマラだけ。

 

英豪は大量銃撃発生後、

規制を強化、

米は

社会のコストの一部と看過。

f:id:ys98:20180521100929p:plain