海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

トランプ礼賛の黒人音楽家カニエ・ウエストが求めるのは、白人の自由

ジェームズ・ボールドウィン以来の才能と

言われる黒人作家

タナハシ・コーツが語る。

 

かつてマイケル・ジャクソン

肌の色、目や鼻の形を変え、

黒人の美を捨て、

白人になろうとした。

 

トランプ時代の今、

我々には

カニエ・ウエストがいる。

 

カーダシアンの夫で

楽家

 

トランプを讃え、

ブラザーと呼ぶ。

 

黒人に希望を与えるのは、

オバマではなくトランプと言う彼。

 

ある意味、秘密主義の

マイケルよりすごい。

行動を逐一ツイートし全露出。

 

彼の音楽を20年前

初めて聴いた時、

 

我々が歴史の中で失ったものが

戻ってきたと思った。

 

マイケルもカニエも

多くを背負う。

 

王者を求める

黒人コミュニティの期待だ。

 

そして2人とも

そこからの自由を求めた。

 

だがカニエは

トランプの政策を知らない。

 

そこまで自分を

社会から切り離している。

 

思想的に自由たらんとする。

 

だがそれは白人の自由だ。

結果を考えず、批判せず、

無知を誇り、責任を取らない自由。

 

そのために誰かを犠牲にしていることを

顧みない自由なのだ。

f:id:ys98:20180508233014p:plain