海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

寝汗は睡眠障害のサイン、日中の活力に影響

どうして寝汗をかくのか。

 

ふつう睡眠2時間前から体温は下がり始め、

午前3時頃に最も低くなるまで、

睡眠中は下降するもの。

 

だから寝汗は

体温が上昇しているということで、

体が覚醒し、

睡眠障害をきたしているというサイン。

 

日中の活力にも影響する。

 

対策はまず、

睡眠直前の食事や運動を避けること。

 

心配事も、

ストレスホルモンを刺激し、

体内で熱を生み出すことにつながるので

就寝時は考えない。

 

後はシンプルに、

毛布やふとん、マット等の寝具を、

熱を放出しやすい材質のものに変えること。

 

未加工の綿はその点、経済的だし悪くない。

 

一番安上がりなのは、

片足をふとんから外に出して寝ること。