海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

ニューヨークのような国際都市を目指し、成都や北京が外国人起業家を誘致

成都や北京など中国の都市が、

多額のファンドを用意し、

海外留学組だけでなく、

外国人の起業家を誘致している。

 

目標は2025年までに

ニューヨークやロンドンのような

コスモポリタン国際都市に変身すること。

 

先端都市になるだけでなく、

スタートアップ支援で

中国のイメージを好転させることを狙う。

 

問題はある。

取得できるはずのビザが

理由もわからず下りない。

 

グーグルやツイッター

ブロックされたまま

ビジネスを開始しなければならない。

 

中国人と組まなければならないが、

地元の投資家は

中国人のみ相手にするのを好む、などだ。

 

だがメリットも多い。

まず、例えニッチな業種でも

市場が大きい。

 
リスクを恐れない人材が
地元に豊富におり、協力を仰げる。
 
オフィススペース、家具、
ロジスティックスがただで、
詳細な起業案内まで提供。
 
そうやって成功した
外国人起業家の例として、
 
アメリカ人が始めた旅行サイトの去哪儿や、
 
オランダ人が共同創立者となった
ストリーミングの土豆网がある。