海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

OECDが、所得格差がもたらす不平等対策を提言

所得格差と不平等が

今後どう昂進するか、

2017年11月OECDまとめ。

 

新興国OECD諸国より、

発展の早い段階で

急速に高齢化、

低所得者の健康が悪化する

不平等が顕在化。

 

年長者の世代と比べ、

若い世代は

世代内部の所得格差が拡大。

 

1960年代以降の生まれは、

その10年前に生まれた者より

平均所得が低い。

 

所得水準と

個人の健康、受給可能な福祉、性別

が直結。

 

低所得者は全てに不利。

 

年金の額が少なく、寿命も短い。

定年後も働くことの多い高学歴層に対し、

定年で引退。

 

老後、長期のケアが必要になるが、

在宅ケアの費用を賄えない。

 

65歳以上の女性の年金受領額は

男性より27%低く、

貧困率もずっと高い。

 

OECDの提言。

低所得者層の

若年時からのサポートを

最優先課題に。

 

育児ケアや初期の教育支援、

退学や性差別をなくす。

 

教育格差が

所得格差、

高齢者間の格差につながるのを防ぐ。

 

高齢者の健康も増進。

高齢者を雇いやすくし

労働条件も改善、

疾病時の対応や健康診断を充実。

セーフティーネットも設置。

(柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムが投稿)