海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

死産した母親が抱える悲しみを、社会は知らない

アメリカでは2013年、

2万3千人の赤ちゃんが死産、

1万3千人が生後一週間内に死亡。

 

世界の死産は毎年4百万人以上。

分娩はしたが、自分の産んだ赤ちゃんを

決して知ることのない母親。

 

どんな髪をしていたか、

どんな目をしていたか。

 

決して答のわからない問いを

抱えて生きる悲しみ。

社会はそれを知らない。