海外ニュースで知る世界の流れ

興味のある英文記事を日本語で要約し、「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」でツイート。そのツイートの再録ブログです。英語のニュースを知り、世界の流れをつかむご参考にしていただければ。

航空会社、空港

エア・カナダが「レディーズ&ジェントルメン」の呼びかけ廃止

2019年10月16日 エア・カナダは 機内での乗客へのアナウンスに、 お決まりの「ladies and gentlemen」という 呼びかけを 今後、 使わないことを決めた。 代わりに使うのが、 ジェンダーを特定せず、 ニュートラルな 「everybody」という言葉。 全てのお客様…

米ニューアーク空港で乱射と勘違いし、パニック発生

2019年9月4日 米ニューアーク空港で 9月3日午後8時半頃、 パニックが発生。 アラスカ航空係員が 疑わしい男2人を発見。 男達が逃げ出したため、 係員は警報を鳴らし 退避を呼びかけた。 乗客は乱射事件だと 勘違いして、 手荷物を放り出し、 約2百人がゲート…

妻の見送りのため搭乗券を購入した男性が、シンガポール空港で逮捕

2019年9月4日 シンガポールの空港で 8月25日、 ゲートで妻の 見送りをするため、 航空券を購入して 搭乗エリアに入った 27歳の男性が逮捕。 シンガポールでは、 例え搭乗券を持っていても、 飛行機に乗るつもりがなければ、 搭乗エリアに入るのは禁止されて…

サンフランシスコ空港で、水のペットボトル販売禁止

2019年8月21日 サンフランシスコ空港では 今日から、 水のペットボトルが 購入不可になった。 プラごみの 削減が目的。 水が飲みたければ 水飲み場で飲むか、 自宅から容器を 持参するか、 空港認可の ガラスかアルミ製のボトルを 購入しなければならない。 …

アロマの薫りを漂わせる空港が増加

2019年7月28日 アジアや欧米の空港の 公共スペースで、 アロマの薫りが漂うように 工夫する所が増加。 ホテルが自分たちの ブランドの薫りを作り、 ロビーで使用している事から ヒントを得た。 乗客に気持ちよく 過ごしてもらい、 空港を記憶に とどめてもら…

米入管が顔認証で出国管理へ

2019年4月21日 米国の入管は これまで、 入国者は管理するが、 出国者は管理していなかった。 だが顔認証 システムを使い、 今後4年間で 搭乗者の97%を 把握する計画。 空港のゲートに カメラを設置し 搭乗前に 顔写真を撮影、 パスポートやビザの写真と 一…

小型機に押され、エアバスが大型ジェットの生産中止

2019年2月18日 エアバスは木曜、 最大顧客であるエミレーツ航空からの 注文削減を受けて、 550人乗りの大型ジェット A380の機体生産を 2021年に中止すると発表。 元々はボーイング747に対抗し 2000年に大型化を開始。 だが燃料コストが安いのに 飛距離に差が…

米国の空港の手荷物検査で、食物を別のトレーに入れることに

2018年7月15日 米国の空港で最近、 手荷物検査の際、 食物は全て、 別のトレーに入れるよう 求められるようになり、 混乱が発生。 爆発物と間違えられやすい 食物もあるため、 鞄の中身を識別しやすくし、 作業を迅速化する狙い。 だが現実は、より時間がか…

世界の航空会社NO.1はカタール航空、空港も同国のハマド空港

2018年6月14日 世界の航空会社の上位5社は、 カタール航空、 ルフトハンザ航空、 UAEのエティハド航空、 シンガポール航空、 南アフリカ航空。 下位5社は モーリシャス航空、 英easyJet、 パキスタン航空、 ヨルダン航空、 アイスランドのWOW Air。 世界の上…

ロンドン・パース便が就航、ドーハ・オークランド便に次ぎ2番目に長い飛行距離

2018年3月25日 カンタス航空の ロンドン・パース直行便が日曜就航。 飛行時間は17時間で、 シンガポールや中東のトランジット便に比べ、 3時間の短縮。 ドーハ・オークランド間を飛ぶ カタール航空に続き、 二番目に長い9千マイルを飛行。 ロンドン発着だと …

アメリカの旅客機乗客の大半が、10歳以下の子供は離れた所に座るべきとの考え

2018年2月19日 アメリカの旅客機乗客の半数以上が、 10歳以下の子供は 他の乗客と離れた 特別席に座るべきだという意見。 2017年のある航空旅行サイトの調査結果。 実際、マレーシア航空などでは キッズ・フリーの座席を導入済。 その方が親のストレスも軽減…

飛行機のチケットを安く買うには

2018年1月31日 どうしたら飛行機のチケットを安く買えるか。 まず航空会社のHPで買うのは避ける。 次に注意するのはタイミング。 早すぎず遅すぎない。 特定の便にこだわらない。 夏休みや年末でも 時期により安く買える。 夏なら1月か2月。 または5月か6月…

フランクフルト空港で、保安官をナチスと呼んだアメリカ人観光客が訴追

2018年1月28日 ドイツ警察はフランクフルト空港の 手荷物検査時、 液体物は持ち込めないと言われ、 保安官をナチスと呼んだ アメリカ人女性観光客を訴追する。 女性は49歳の ジョージタウン大学政治学教授。 警察署で尋問を受け、 法的手続きに必要な260ドル…

トラプル多発で、乗客介助のため同乗する動物を規制

2018年1月19日 デルタ航空は、 身体介助や精神安定のため、乗客と共に搭乗する 動物の規制を強める。 動物が機内で排尿排便したり 吠えることが急増。 隣の乗客がかみつかれて、 顔を28針縫う事件も。 訓練やワクチン接種、 精神科医師の処方証明等が必要に…

2017年は旅客機による死亡事故は少なかった

2018年1月2日 2017年がかつてないほど 旅客機の死亡事故が少なかった、との報道を聞いて、 トランプが自分の功績とツイートし、 反発が起きている。 航空関係者は 長年の改良の努力の賜物で、 実は8月にエア・カナダがサンフランシスコ空港で、 4機が誘導路…

クリスマス休暇で込み合うアトランタ空港で停電

2017年12月17日 クリスマス休暇の時期なのに、 アメリカで一番乗降客の多い空港の一つ、 アトランタ空港で日曜午後、 全ての施設が停電になり、 空港内は暗闇と化した。 出発・着陸ができないだけでなく、 電気がないので店はレジが開けられず 水も売れない…

アメリカン航空が、座席にスクリーンがない飛行機を導入

2017年12月16日 アメリカン航空は、 座席の後ろのスクリーンがない飛行機を 今年末から導入する。 乗客の90%以上が自身のスマホや タブレット、パソコンを持ち込んでおり、 それで同社が提供する映画やテレビ番組を 無料で見ることができる。 スクリーンは数…

トランプ政権が、航空券を買う時の荷物代明示規定を廃止か

2017年12月11日 オバマ政権が決めたことをどんどん覆しているトランプ。 航空券を買う時、 預けた荷物や機内持ち込みの荷物にどれだけチャージされるか、 乗客にはっきりわかるようにするようオバマは求めたが、 トランプはその定めを撤廃しようとしている。…

アメリカの空港で没収されたものの行方

2017年12月9日 アメリカの空港で没収されたものはどうなるか。 液体類は破棄される (これはわかる)。 またはオークション・サイトなどで売られる (なんだって ?)。 学校などに寄付されることもある (微妙)。 タイム誌が対策として助言するのは、 自宅や職場…