海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

経済、技術

こんまりメソッド流行で、古着販売が成長産業に

2019年3月24日 こんまりメソッドの流行で、 中古品の放出が増大。 古着販売は 成長産業に。 現在の市場規模は 240億ドルだが、 2024年までに 510億ドルに倍増する見込み。 2018年には、 前年より1200万人増の 5600万人の女性が 中古品を購入。 また消費者の5…

自分で自分の健康をモニターする時代が到来

2019年3月9日 19世紀初めまで、 医療はずっと未発達。 麻酔の登場は 1800年代半ばのこと。 注射や近代的な手術が 導入されるまで、 病気やけがは 死の宣告と同義だった。 慢性的な痛みに 耐えるのも、 生活の一部として 受容されていた。 だが1800年代以降、…

ディープラーニングの時代は今後どうなるか

2019年2月17日 ディープラーニングの時代は 今後どうなるか。 1993年から2018年11月までに AIについて書かれた論文 1万7千件を分析した結果、 2000年代初めが 分岐点だったことが明らかに。 それまでの開発者は、 AIに人間のような常識を 持たせようとしたが…

AIはミスをするし偏見もある

2019年2月14日 アルゴリズムはミスをしないとか、 偏見はない、とか思うのは 大きな間違い。 かつて人が行っていた判断を コンピューターに任せた結果、 米アイダホ州では2012年、 体の不自由な人々4千人の 医療保険がカットされた。 入力データの誤りに 幻…

ベーシックインカム導入で幸福感増大

2019年2月10日 金で幸せは 買えるか。 フィンランドでは イエス、の結果。 同国で2年にわたり実施された ベーシックインカムの実験。 仕事を探すインセンティブは 特に好転せず。 だが健康状態や 将来の見通しは 楽観的に。 政治家への 信頼度も増した。 問…

米国で食料品のオンライン購入が少ない理由

2019年2月10日 米国の消費者は 衣類の22%、 コンピュータと電子機器の30%を オンラインで購入。 だが食料は 今だに3%。 食料品販売は 8千億ドル市場だが、 元々薄利。 労働力と設備とガソリン代、 早く安く配達する必要性、 住宅地の分散状況を 考えるとペイ…

信頼されるリーダーになるには

2019年1月31日 信頼されるリーダーになるのは、 なぜ難しいのか。 リーダーとしての成功度を測る 客観的な基準はない。 だから株価や数値、 昇給、昇進などの 表面的な指標に頼りがち。 だが人を元気づけたり、 重要時に人の琴線に触れる能力も必要、 との意…

車を所有しない時代が来たら、自動車会社はどうなるか

2019年1月30日 人々が車を所有しなくなる 時代が来たら、 自動車会社は どうなるか。 1つは Uber や Lyft 等の配車サービスに 車を供給する道。 アップルの受託生産をする フォックスコンのように。 もう一つは、FordPassが 目指しているように、 顧客の全て…

米中の2大AI超大国によるデータ植民地主義の到来

2019年1月25日 このままAIを巡る 競争が進むと、 データ植民地主義の 時代が来る。 大半のデータは米中か、 両国に拠点を置く 企業の手にある。 データの原料は 世界中にあっても、 データ帝国のハブで 処理される。 EUや南米は 集団でニッチを見つけようと …

2019年のサイバースペース5大脅威

2019年1月25日 2019年に危惧される サイバースペースの5大脅威。 1、AIが作った フェイクビデオやオーディオが 混乱を生む。 2、AIを利用した 防衛ラインが麻痺する。 3、ブロックチェーンなどの スマート・コントラクトが ハッキングされる。 4、量子コンピ…

アルゴリズム学習により、複雑な関係も把握する機械

2019年1月24日 あいまいな状況でも、 人はすぐ 集団内の人間関係を把握できる。 だが機械は、 集団の内のルールや 成員の構造が明示されないと、 把握するのは難しい。 この問題を 克服するため、 アルゴリズムを通じた 機械の学習方法を開発。 その結果、 …

2018年アメリカの高級車の売り上げ1位はベンツ

2019年1月4日 2018年アメリカで最も売れた 高級車はベンツで、 3年連続 首位を維持。 2位はBMVで、 2018年に上位だった4社のうち、 唯一売り上げがアップ。 トヨタのレクサスは 2年連続で 3位に終わった。 2015年以降 下降が止まらない。 上位3社の売り上げ…

2000年代以降、米英では労働時間増加

2018年12月28日 1870年の労働時間は 週60ー70時間、 または年3000時間が 普通だった。 収入増と共に、 百年後の1970年には 週40時間に 短縮。 過去20年間、独仏では 労働時間は減り続け、 独では 年1300時間に。 だが2000年代以降、 米英ではむしろ増加。 報…

子供世代は親世代より大変になると考える世界の国々

2018年12月10日 子供世代は 親世代より 経済的に大変になると 予想する人達の割合。 世界27か国の 平均値は56%、 最多は フランス80%。 以下多い順。 日本76%、スペイン72%、 英国70%、ギリシャ69%、 カナダ67%、オーストラリア65%、 イタリア61%、米国57%、…

アメリカの中産階級の所得はいくらか

2018年11月24日 アメリカ人の7割が 自分は中産階級だと考えている。 だが実際に中産階級と言えるのは、 5割ぐらい。 所得で見た場合、 中産階級と言うには、 1人世帯の所得は 最低$26,093なければならない。 2人世帯だと$36,902、 3人世帯が$45,195、 4人世…

好景気のアメリカでレストラン消費の伸びが鈍化

2018年11月23日 不景気ならともかく、 好景気のアメリカで 過去3年間、 レストランの売り上げが落ちている。 2015年は 前年比9%増だったのに、 今は たったの1.6%増。 地元の小さな店舗は そうでもないが、 特に大規模な チェーンレストランが不振。 ネット…

心理学を応用したホリデーシーズンの販売テク

2018年11月22日 今週の ブラック・フライデーと共に、 米国のホリデーシーズンが スタート。 最近は心理学の成果を 応用し、 集客を試みる店も。 店内に漂う香、 客の視野に入る物、 音楽、色合い、 店の込み具合、 照明が鍵。 客をホリデー気分にさせ、 消…

中国のAIニュースキャスターは、単なる機械との声も

2018年11月19日 中国が発表した 世界初のAIの ニュースキャスター。 だがこれはAIではなく 単なる機械、との意見も。 もしこのAIキャスターが 自分でニュースを書くなら AIだが、 実際はアルゴリズムを使い、 人間っぽい唇の動きと 声を作り出しているだけ。…

予定外の物を買い込む「ターゲット効果」の克服法

2018年11月11日 赤いロゴでおなじみ、 全米小売りチェーンのターゲット。 特定の物を2、3個買って すぐ出るつもりだったのに、 なぜか1時間後、 百ドルも買い込んで 店を出る羽目に。 名付けて「ターゲット効果」。 なぜそうなるのか。 一つは店内にいると …

政治に敏感なアメリカのフリーター

2018年11月5日 米国のフリーターは今、 5千7百万人を数え、 過去5年で3.7%増。 その7割が 政治的利害に敏感。 フリーターを利する 政治をするなら、 支持政党を 変えてもOK。 彼らの最大の関心事は ヘルスケア。 最低賃金の上昇や、 正社員であることと 諸手…

アメリカの名門インターンシップ先ベスト10

2018年11月1日 名門とされる 米国のインターンシップ先 と報酬 (単位$)。 ①グーグル月給7千、 ②アップル月給5千、 ➂マイクロソフト月給7千百、 ④テスラ時間給26、 ➄フェイスブック月給8千、 ⑥ゴールドマンサックス月給5千7百、 ⑦アマゾン月給6千百、 ⑧JPモル…

公共交通を無料にする都市が欧州で増加

2018年10月30日 フランスの20万人都市 ダンケルクが 公共バスの運賃を ただにした。 エストニアのタリンが 2013年、 トラムやバスなどを 無料にしたのに続く。 公共交通の無料化は 不可能と思われて来たが、 既に欧州では 20数か所で実施済。 この結果、 公…

売り手市場の米国で、2001年以来の高い離職率

2018年10月27日 米国では今、 収入十万ドル以上の 雇用者の67%が 半年以内の 転職を計画。 1万ドルの昇給で 州外への引っ越しも可。 売り手市場を背景に、 2001年以来の高い離職率に。 転職者の給料は 概して15%増で、 今の職場にい続けたら 実現不可能。 リ…

政府の政策決定に対しエコノミストの影響力はわずか

2018年10月23日 残念ながら 政府の政策決定に、 エコノミストの影響力は 大きくない。 経済学の基礎を 知っていれば、 自由貿易は 国家経済に益のはず。 過剰投資につながるのに、 共和党は 昨年の税制改革で 住宅ローンの 利子控除をキープ。 花屋や美容師…

日本がコワーキングスペースの成長市場に

2018年10月19日 起業家向けの コワーキングスペースを提供する 米社ウィワークは、 日本が今後 同社の核となる市場として 成長することを期待。 ソフトバンクと組んで 2月に最初のオフィスを開業、 年内に利用者 1万人到達が目標。 こうしたコワーキングスペ…

AIの未来を考えるシリコンバレーの企業グループに、中国の百度が参加

2018年10月17日 AIへの懸念を和らげるため、 2016年に設立された FBやアマゾン等の シリコンバレーの大企業グループに、 百度が 中国企業として初加入。 百度は2012年から 大々的にAIに投資、 自動運転車の開発を目指した アポロ計画には、 BMWやフォードも…

地政上のリスクは景気後退につながらないのか

2018年10月10日 大手格付け機関S&Pによると、 これから少なくとも2年は 好景気が続く。 だが投資家が、 対中国・イラン関係 の緊張といった 地政上のリスクを 織り込まないのは 賢明なのか。 中国が米国製品をボイコットしたり レアアースを禁輸する恐れも。…

リーマンショック10年後、不況への備えがない米国人

2018年9月15日 リーマンショックから10年。 現在アメリカ経済は好調だが、 アメリカ人の10人中7人が 将来また景気後退があると予測。 だが、それに備えているのは 44%だけ。 しかも関心の9割は 投資に集中。 不動産、税金、 長期の医療・介護費用を 考えてい…

健康志向でスパークリングウォーターが米国で人気

2018年8月27日 健康志向を反映して、 ソーダより、 スパークリング・ウォーターを選ぶ 消費者がアメリカで急増。 ソフトドリンクだけでなく、 アルコールの代わりにもなりつつある。 エナジードリンク系、 ココナッツウォーター系、 ジュース系、 コーヒー系…

名画の贋作を、AIが見分ける日も近い

2018年8月6日 名画が、 贋作かどうか AIが見分ける日も 近い。 絵に使用された 素材の分析ではなく、 何千回もの細かい 筆の動きをもとに、 AIが 画家特有のパターンを 割り出す研究が 進行中。 一カ所の分析で 70%、 全体の分析で 80%は当たるという。 既に…