海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語のニュースを知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。

カルチャー、教育、観光

英語圏の若者が多用する語「like」

2019年8月29日 英語圏の若者が 多用する言葉、 like。 You knowと同様、 まるで間投詞のように 頻繁に使われる。 BBCのメークアップ・コンテスト番組 Glow Upでは、 シリーズ全体で 計229回、 参加者が「like」と 発していた。 1エピソード当たり 29回、 番…

カウンターカルチャーを担ったのは、ベビーブーマーにあらず

2019年8月19日 リベラルな カウンターカルチャーが 席巻した 1960年代と、 戦後生まれのベビーブーマーは いつも結び付けられて来た。 だが社会運動にせよ 文化活動にせよ、 実際に担い手に なったのは、 1920年代や 30年代生まれの 年長世代。 現実には 若…

チャーリー・ブラウンが体現する20世紀の気分

2019年8月16日 20世紀の状況とは。 個は不慣れな場で、 行き先もわからず 漂流し続ける。 一方で、世界は 無限に拡大していく。 そんな時代の気分を 表現したのが、 漫画『ピーナッツ』に出て来る チャーリー・ブラウン。 つまり混乱と不運と 苦難の感覚。 …

ロシア語が第2言語だったスターリン

2019年8月11日 旧グルジア出身の スターリンにとって、 ロシア語は 第二言語だった。 10歳から学び、 成人後もずっと話した。 だが強いなまりがあり、 語尾変化は、 もごもごしていた。 ここから 言えること。 1、新しい言語を話すのは いかに大変か。 2、言…

子供をバイリンガルにするのは、簡単ではない

2019年8月7日 バイリンガルの子供は モノリンガルの子供より、 集中力や マルチタスク能力、 不要な情報を除く能力に 長けている、 との研究結果。 学業の成功はもとより、 生涯を通じ 子供の ウェルビーイングに役立つ。 だがバイリンガルとなる事は、 脳の…

生活のため、学校の後、工場で働く米国の教師

2019年7月19日 教師の給料が 全米最低レベルの ノースカロライナ州。 年収3万5千ドル程度で、 昇給はわずか。 生活を維持 するため、 朝7時半から 学校で働いた後、 夜11時まで 工場で働く 650人の教師。 週末や夏休みも 工場勤務。 奨学金の支払いや 車の購…

26年前香港で投函された絵葉書が、先週届く

2019年7月18日 1993年7月8日消印の 絵葉書が 先週、米イリノイの 女性宅に届いた。 26年前に香港で 投函されたもので、 葉書の状態は 良好。 なぜ今頃届いたかは 不明だが、 香港のジャンクボートの イラスト入りで、 「楽しい時を過ごしているよ。父より」…

米国では支持政党で、休暇の過ごし方に違い

2019年7月9日 民主党支持か 共和党支持かで、 休暇の過ごし方に 違い。 民主党支持者は ビーチでのんびりしたり、 御馳走を食べるのを 好むが、 共和党支持者は 釣りやゴルフに、 より興味。 海外旅行に行くのも 民主党支持者が多い。 そもそも パスポート保…

パリ中心部での観光バス運行が禁止へ

2019年7月3日 パリ当局は、 全ての観光バスの運行を、 市の中心部で 禁止する方向。 まるでカオス、との 住民の苦情に対応。 代わりに、メトロなど 公共交通機関や 徒歩での移動を推奨。 観光客を 特別扱いせず、 環境にやさしい 交通手段の利用を推進。 昨…

ストックホルムで屋根の上を歩くツアー

2019年7月3日 観光客向けに、 建物の屋根の上を歩いて、 眼下の街並みや 遠い景色を楽しむツアーが、 スウェーデンの首都 ストックホルムで開催中。 ストックホルムは バルト海にせり出した半島の一部で、 14の島があり、 50以上の橋がかかる。 ガイドが屋根…

観光客に押され、ベニスの住民が激減

2019年6月30日 観光客に押され、 ベニスでは 地元住民が急減。 今や50年前の 3分の1までになった。 かつては化学工業と 鉄鋼業で知られていたが、 それも風前の灯火。 巨大なクルーズ船と 観光客満載のボートとの 衝突事故が 今月起きたが、 今の混雑ぶりか…

クリエイティブな人が普段していること

2019年6月24日 カンヌで開かれた 世界有数の広告賞の大会。 そこに集う人たちは 普段、 どうやって プレッシャーをはねのけ、 クリエイティブで あり続けているのか。 答はいろいろ。 不安な気持ちを 利用する。 違う言葉で 言い換える。 別の事象との アナ…

Netflixがエヴァンゲリオンの配信開始

2019年6月22日 Netflixは金曜、 1995年の新世紀エヴァンゲリオンの 配信を開始。 アニメの聖典と 見られてきたが、 海賊版でなければ、 米国では 事実上ずっと 視聴は困難だった。 エヴァンゲリオンの 新しさは、 初めて人間を 機械としてイメージした事。 …

ベルギーの漫画タンタンが、オークションで百万ドルで落札

2019年6月12日 ベルギーの漫画で、 世界的人気を誇る タンタンの冒険シリーズ 第一作「タンタン ソビエトへ」(1929) の表紙が、 ダラスで開かれたオークションで 百万ドル強で落札。 これまで 数十か国語に翻訳され、 ラジオや映画、演劇や ビデオゲームの題…

米国で成功するには、金持ちの家に生まれる必要

2019年6月10日 米国で成功するには。 賢く 生まれつくより、 金持ちの両親の下に 生まれることの方が大事、 との研究結果。 成績のいい 貧困家庭の園児と、 成績の悪い 富裕層の園児を比較。 後者の方が 大卒となり高賃金を得る 可能性が高い。 親が子供の …

中国人観光客に人気のロサンゼルス

2019年6月2日 米国を訪れた 中国人観光客は昨年、 2003年以来 初めて減少し、 5.7%ダウン。 だがロサンゼルスに限ると、 6.9%増。 ユニバーサルスタジオも 人気だが、 映画やTVに 出ていたような所に 行きたいとの 願望がかなえられるし、 買い物も楽しめる…

アメリカで、古代ビールの味を再現

2019年6月2日 米コロラドで 考古学者が、 3千3百年前の 古代ギリシャのビールを 再現したら、 思いのほか甘い味。 ギリシャ語にも ラテン語にも、 ビールという 言葉はないが、 既に1万3千年前、 ビールはあったと主張。 教科書に出て来るのは いつも、 ファ…

英語のwhomは、そのうち消滅?

2019年5月18日 英語の関係代名詞whomは 今や絶滅の危機に瀕している。 あまり使われなくなり、 使われても誤用されている と嘆く人が多数。 だが言語は、 信仰の対象でも 道徳的存在でもない。 言語は常に 変化するものなのだ。 大昔、格変化は 8種類あった…

AIが解析するのは英文、他の言語はどうなる

2019年5月10日 グローバルなテクノロジーは 英語中心に築かれている。 そしてAIが行っているのは、 コンピューターによる自然言語処理。 大量の文書から、 自動的に内容を検知する。 こうした現実は、 世界の言語に どんな帰結をもたらすか。 そもそもAIを使…

英国の入管規制が、外国人留学生に影響

2019年5月5日 英政府は 2030年までに、 収入増とソフトパワー拡大の 源泉となる 大学の外国人留学生を、 今の46万人から 60万人に増やしたい意向。 今年、EU域外からの 出願数は9%増で、 一見好調に見える。 だが合格者のうち 実際に入学する EU域外からの …

いかさま度NO1は、富裕層の白人男子学生

2019年4月30日 英語圏9か国の15歳 計4万人を調査。 知りもしない事を 得意と吹聴する、 最もいかさまな人物が 多いのは、 富裕層の白人 男子学生。 国別だと、 いかさま度1番は 米国とカナダで、 いかさま度の 男女差も少ない。 一方、英国と アイルランドで…

東京にブロードウェイのような劇場街を

2019年4月27日 観光客誘致を狙い、 経産省が NYのブロードウェイ、 ロンドンのウエストエンドのような 劇場街を 東京にも作る計画。 劇場は現在、 あちこちに分散。 数も少なく、 内容も 世界レベルとは言えない。 情報も得にくく チケット購入も大変。 それ…

2022年の流行色はAIアクア

2019年4月5日 デザイナーが ファッションショーを開き、 雑誌が特集を組む はるか前に、 次に流行するスタイルや カラーは何か、 データを集めて研究し、 予測する人々がいる。 天気予報のように グローバル・トレンドを予測する エージェンシーで、 欧米に…

ボッティチェリの贋作が英国で本物と判明

2019年3月28日 長らくボッティチェリの 贋作とされて来た作品が、 本物だと判明。 ウフィツィ美術館にある 1487年作の本物より 一回り小さく、 模写だと思われて来た。 英国のダイヤ商が1897年に購入、 コレクションに加えたもの。 X線や赤外線による調査、 …

アメリカ富裕層の教育パパゴンとママゴン達

2019年3月17日 「うちの子はハーバードに合格」 「うちはスタンフォード」。 スーパーのレジに並んでいる時も、 そう自慢したくてたまらない アメリカの富裕層の親達。 子供を有名大学に合格させるため、 賄賂を贈っていた事件が発覚。 背景には、 いい大学…

人類はなぜ突然、読み書きするようになったか

2019年3月14日 人類はなぜ5千年前に突然、 読み書きが出来るようになったのか。 言い換えれば、 脳が単純な記号を、 どのように知覚するようになったか。 見たものそのものではなく、 それを超える全体性と統一性を 認知する必要がある。 初期の段階では、 …

意識高い系のツーリストがすべきこと

2019年3月10日 意識高い系の ツーリストの間では、 浮いた存在にならず、 地元住民のように 過ごすことが ゴールになりつつある。 だが旅行先でも、 毎朝寒い中ジョギングを するのはどうか。 完璧を目指して、 経験者に宿泊場所や レストランのお薦めを 聞…

業績のないセレブが多い時代

2019年2月23日 セレブにも いろいろなタイプ。 有名だから 有名な場合や、 メディアが 作り出す場合。 デジタル世界では セレブはあっという間に生まれ、 もはやテレビは遅すぎる。 ネット上のセレブを 作り出そうとした テレビ番組は すぐに打ち切りに。 だ…

ヘルシンキの新設図書館が大人気

2019年2月23日 ヘルシンキに昨年12月出来た 新しい中央図書館が大人気。 市の人口の 6割に当たる42万人が 開館1月目に 来訪。 しかも蔵書10万冊の 7割が貸し出し中。 1階にはカフェ、 水族館、映画館。 2階には読書室、 録音室、ゲーム専用室、 3Dプリンター…

シングルは既に米国で多数派、婚姻者は少数派

2019年2月15日 誰もが恋を求めており、 パートナーがいないのは不幸だという、 抜きがたい固定観念。 だが既に2010年、 米国で婚姻者は少数派に。 経済情勢の悪化が 関係するが、 自らシングルを 選択する人も。 例えばシングルマザーを 選ぶのは、 その方が…