海外ニュースで知る世界の流れ

英文メディア記事を要約する「柴田優呼@アカデミックジャーナリズム」のツイートを、本人が再録しています。英語と日本語とでは、取れる情報に差があります。英語で何が報道されているか知り、世界の動きをつかむご参考にしていただければ。ツイッターの内容は備忘録も兼用。ツイート発信時とブログ再録時の日付のずれをお詫びします。

アメリカの都市・地域

米サウスダコタで、石油採掘による海水漏れで農地がダメージ

2018年8月11日 石油産業で潤う 米ノースダコタ州。 だが実は過去20年、 石油や天然ガスの採掘に伴い、 地中にあった海水が 地表まで漏れ出し、 土地と農作物に 被害が発生中。 石油会社は、 採掘後の原状回復を 州に約束していたはずだ と、地主は指摘。 一…

サンフランシスコ市長選、争点は住宅問題

2018年6月2日 6月5日に行われる サンフランシスコ市長選。 有力候補3人は 皆リベラル。 選出されたら、 それぞれ同市初の黒人女性市長、 初のアジア人女性市長、 初のゲイ市長になる。 雇用増が住宅数を 大幅に上回ってきた 同市の争点は、 住宅問題。 建物…

高齢化が進む米北東部のバーモント州が、 移住者支援

2018年6月1日 人口が少なく 高齢化が進む 米北東部のバーモント州が、 税収増を狙い、 州への移住者に 年5千ドル、2年で1万ドル以内を 支援する法律を設立。 支援金は引っ越しや ネット環境の整備に使える。 税金はニューヨーク州に住むより 安くなるという…

サンフランシスコでグーグル社員の通勤バスをブロックする抗議活動

2018年6月1日 市長がホームレスの強制退去を決めた サンフランシスコ。 通りに停められた スクーターの方が 人間よりましな扱い、と市民運動家。 それらのスクーター数百台で、 グーグルやFB、アップルの社員が シリコンバレーへの通勤に使う シャトルバスを…

ハワイの火山噴火で家を失う住民、溶岩が地面から吹き上がる

2018年5月7日 ハワイ島に住む 大工のスティーブの話。 木曜のキラウエア火山噴火で、 避難を余儀なくされた 数百人の住民のうちの一人。 退避前、家の周囲を歩き、 最後の別れを告げた。 3年かけて 自分で建てた家。 今56歳。 5年後には リタイアの予定だっ…

米アイオワ州で妊娠6週目以後の中絶を禁止

2018年5月3日 共和党支配下の アイオワ州議会は火曜、 胎児の心拍が確認され、 妊娠の徴候が初めて出る 6週以後の中絶を禁止。 他にも最近、 ケンタッキー州が12週、 ミシシッピ州が16週以後の 堕胎を非合法化。 共和党員は トランプが保守派の 最高裁判事を…

サンゴ礁保護のため、ハワイで2種の化学成分入りの日焼け止め販売禁止

2018年5月3日 サンゴ礁保全のため、 ハワイ州議会は火曜、 化粧品によく使われる 紫外線吸収剤のオキシベンゾンなど 2種類の化学成分を含む 日焼け止めの販売を 禁止する法案を可決。 全米で初めてで、 2021年から施行する予定。 海洋の環境とエコシステムに…

サンフランシスコでホームレス対策が市長選の争点に

2018年5月1日 7500人いると言われる サンフランシスコのホームレス対策が、 市長選の争点となっている。 路上からの退去、 排泄による悪臭解消や、 捨てられたドラッグの 使用済み針の回収を行うと 行政が発表。 住民からは、かねて 安心して歩けないとの声…

アメリカ主要都市で、家を買うのに必要な年収は

2018年4月25日 米国主要都市で 家を買うのに必要な年収。 頭金10%で計算。 ニューヨーク $418,482、 サンフランシスコ $349,650、 ボストン $199,755、 ロサンゼルス $187,306、 シアトル $171,575、 ワシントンDC $155,339など。 低い方でシカゴ $64,948、 …

アメリカで最も「罪深い」州はどこ ?

2018年2月25日 アメリカで最も「罪深い」州は? アラスカでは人口当たり 最多の暴力事件が発生。 盗難ではニューメキシコが最多。 最も多く酒を消費するのは ウィスコンシン。 最も長くポルノを見るのは ミシシッピ。 ニューヨークとフロリダには 最多の美容…

風邪薬や肥料より、銃の方が簡単に買える米フロリダ州

2018年2月20日 19歳の少年がバレンタインデーの日、 学校で乱射した米フロリダ州。 同州で銃購入より、 入手が大変な5つのもの。 風邪薬 (購入量や購入頻度チェック)、 結婚許可証 (年齢制限や顔写真提出)、 肥料(登録しIDチェック)、 下痢止めの薬(大量だと…

ガソリン税徴収のカリフォルニアで、道路や橋の修理が始まる

2018年2月15日 カリフォルニア州が 1ガロン当たり12セントの ガソリン税を徴収し出して3か月、 何十にも上る道路や橋の修理が着工された。 共和党が主導する 同税廃止運動の機運が高まる中、 540億ドルの新たな財源を得て、 慢性的な渋滞や 劣悪な路面状態な…

米カンザス州知事選に、16歳や17歳など10代6人が立候補

2018年2月9日 米カンザス州の知事選に、 16歳や17歳などの十代の候補者が 6人立候補。 取材対応などで忙しく、 まだ本格的な選挙戦は戦っていない。 同州には立候補者の年齢制限がなく、 改定すべきとの声が上がっている。 少なくとも投票権があることと 4年…

ネバダ州とメキシコ国境をまたがる米先住民の居留地

2018年1月26日 国境に壁を建設すると言うトランプ。 だがネバダ州には、 アメリカ先住民族の居留地が、 メキシコとの国境をまたがって存在。 国境には鉄の堅牢な柵ではなく 金網。 住民は日常的に 両方の土地を行き来してきた。 合衆国という国家の成立前か…

カリフォルニアから独立宣言、51番目の州を目指す

2018年1月16日 カリフォルニアから分離、 51番目の新しい州となろうとするグループが 月曜、独立宣言をした。 LAやサンフランシスコなど 沿岸都市を除いた大半の郡で構成。 現状では教育、警察など 行政能力の低下に対処不能だと主張。 同州議会で審議される…

ハワイでミサイル攻撃の誤報を聞いた人々はどうしたか

2018年1月13日 ハワイで土曜、 ミサイル攻撃をまもなく受ける(誤報)と 聞いた人々の反応。 ホテルにいたLAからの観光客は 「なすすべがない」と泣き崩れた。 子供と自宅にいた父親は 食糧を手に 岩の壁でできた部屋へ避難。 「軍備は我らを守らない、攻撃対…

メキシコからの流入者減少で、カリフォルニアの農場が人手不足

2018年1月5日 これまでカリフォルニアの 農場労働者の9割は外国人で、 半分以上が不法入国者だった。 だがメキシコの農村地帯からの 流入者の減少で、 農場経営者は頭を抱えている。 時給は上げているが人手不足。 アメリカ人の若者は、来ても長続きしないし…

高齢化と少子化、人口減に直面するアメリカの農村

2018年1月1日 アメリカの農村地帯は、 高齢化と少子化、 人口減に直面している。 移民は来ないしUターン組も少ない。 結果として白人の高齢人口で占められ、 多様化する人口増の都市部との 文化的格差が拡大。 早婚者が多いが、離婚率も都市部より高い。 全…

全米・世界で最も階段昇降の多い所は

2017年12月29日 全米で最も活動的な都市は、 ボストン、 マジソン、 ポートランド、 ツインシティ、 デンバーの順。 一日の階段昇降数、活動時間、 睡眠時間で割り出した。 なお世界全体で最も階段昇降が多い所は、 香港、 スペイン、 スイス、 スウェーデン…

ロサンゼルスで最高額の豪邸販売

2017年12月24日 アメリカ史上最高額の570億円の豪邸が販売される。 ロサンゼルスの山上から360度見渡せて、 広さ9000平方メートル、 主寝室が500平方メートル。 この広さの物件は二度と出ないというが、 今の価格で売れると思う業者はいない。 だが「かっこ…

全米で最も人口増加率が高いアイダホ州

2017年12月20日 アイダホってどこだか知ってる ? ロッキー山脈にあるこの州が、 2016年にから2017年にかけて 全米で最も人口増加率が高い州に。 二位はラスベガスのあるネバダ州。 共に国内からの移住増のため。 三位はソルトレークシティのユタ州で、 出生…

ワシントンDCはトイレ難民の町

2017年12月16日 ワシントンDCはトイレ難民の町。 夜間も使用できる公衆トイレはたった3つしかない。 客以外にトイレを使わせてくれる施設も減る一方。 2015年は85か所中42か所だったが、 2016年には28か所、 そして2017年の今は11か所のみ。 もし外で用を足…

コロラドのガソリンスタンドに鹿のお客さん

2017年12月15日 コロラドのガソリンスタンドに突然、 お母さん鹿が現れた。 鹿はサングラスの棚とポテトチップを渉猟。 その後店員がピーナッツ・バーで釣って、 店の外へ誘導。 これで終わりかと思ったら、 今度は双子の子供と牡鹿を連れて、 再び戻ってき…

リーマン10年、少数の都市だけ栄える

2017年12月14日 リーマンショックから10年、 アメリカの地域間格差はさらに拡大。 シアトルやサンフランシスコなど少数の都市は栄えるが、 ラスベガスなど大半は、 景気後退からやっと立ち直ったところ。 南部と中西部は変わらず厳しい。 二極化は大恐慌時代…

アラバマ州上院選で民主党が25年ぶりの歴史的勝利

2017年12月12日 典型的な「赤い州」(共和党支持) の アラバマ州上院選で、 民主党候補が25年ぶりに 歴史的勝利を収めた背景には、 黒人票の存在があった。 黒人地区の投票率は、大統領選の72-77%の高さ。 一方、農村部の白人地区は55-60%にとどまった。 あな…

アジア系初のサンフランシスコ市長、エド・リーが死去

2017年12月12日 アジア系初のサンフランシスコ市長となったエド・リーが 病気のため12日、65歳で死去した。 同市では住民の3分の1はアジア系。 リーは人権派弁護士として尊敬を集め、 2011年から現職に。 シアトル生まれ、6人兄弟。 広東語を解した。 両親は…